ちょっぴりエッチな大人のコラム💛

「すっごい興奮する…。」エッチ中に男性が言われてみたいセクシフレーズ”Best10”をご紹介♪

2017年11月17日 亜里沙 0 619 view

「最近SEXの数が減った」 「興奮しなくなった」 などなど男性にも女性にも”性”の悩みはあると思います。 「SEXは、興奮すればするほど気持ちよくなる」といわれています。 そこで! 今回は、「男性がSEX中に言われると興奮する言葉」をランキング形式でご紹介します! 10位:「舐めて…。」 女性から「舐めて」と言われた男性は、ドキドキが止まりません。 ある意味、言われたい言葉1位なのかもしれません。 しかし、これを言える女性は少ない点と、言い方次第では、ただのド変態女と思われる可能性があるため、ランキングは10位となります。 9位:「どこが気持ちい?」 どこが気持ちいか女性から聞いてくるのは、興奮します。 ただ、Sっ気の強い男性には、逆効果かもしれません。 8位:「もっと突いて。」 セックスも中盤に差し掛かり、ヒートアップしている時に、女性から「もっと突いて」と言われたら、興奮しますよね。 これを言える女性は、なかなかエッチな女性でしょう。 しかし、男性の下半身には、大敵です。 限界を迎えていたら、もっと突けません…。 このフレーズはタイミングがとても難しいです。 7位:「チューして!」 正常位では、顔が向き合います。 その時に女性から「チューして!」と言われたら、男性は興奮します。 可愛らしさとエッチさが見事にマッチしますね♪ しかし! なにせ、動いているため、うまくキスをすることができない可能性があります。 エロフレーズとは裏腹に、なんか気まずくなってしまったり…。 6位:「イッていいんだよ?」 女性が、フェラをしている時のフレーズです。 Мっ気のある男性には、効果抜群でしょう! しかし、「イっていいんだよ」と言われたものの、「イケナイ」なんてことが起きる可能性があります! そうなってしまうと、興奮も半減するでしょう。 5位:「きもちい?」 自分がきもちいことより、男性が気持ちいかどうか確認する言葉です。 「ぼくのことも考えてくれてた」 「一緒に気持ちよくなりたいと思ってくれてる」 などSEX中にお互いのことを意識することはとても重要なことのようです。 自分だけが気持ちよくなろうとしてるわけではないということを伝えることでより素晴らしいSEXに変わります。 実践してみましょう。 4位:「イキそう」 男性はSEX中に、 「相手は本当に気持ちいのかな」 と不安になることがあります。 そんな時に、「わたしも気持ちいよ」ということを伝える言葉として最もエッチな言葉だと思います。 SEXにおいて一番気持ちいとされるのが男性と女性が同時に絶頂を迎えるときだと言われています。 この言葉によって男性も同じタイミングでイキやすくなります。 3位:「入れて」 SEXにおいて最も重要である前戯の最中にこの言葉を言われると男性の興奮度はMAXに達します。 「したかったのは自分だけじゃなかった」 「自分の前戯に自信がもてた」 などなど男性に自信をつけさせる言葉でもあります。 女性から誘ってみることで、また新しいSEXができるかもしれませんよ。 2位:「きもちいよ」 「もっと頑張りたくなる」 「色っぽくてより興奮する」 などなど、この言葉も男性には効果抜群です。 男性はSEXをするときに相手を気持ちよくすることを考えることがあります。 男たるもの女性を虜にしたいと思うのでしょうね。 そんな時、女性のほうから「きもちい」と伝えられたら興奮しますよね。 ただ注意点として男性が頑張りすぎた結果、痛かったりすぐ終わってしまうこともあります。 1位:「SEXの最中に耳元で”好き”」 この言葉は不動の1位です! 「SEX中が一番伝わる」 「こんなときでも言ってくれるのか」 などなど、男性が普段言われてもうれしい「好き」がSEX中だとよりうれしいようです。 愛を育んでいるときだからこそ「好き」という言葉により愛が込められているような気がします。 また、愛がこみ上がるほどSEXは気持ちよくなります。 お互いにとってとても良い言葉です。 ■いかがでしたか? SEXをよりよいものにするための言葉のランキングをご紹介しました。 マンネリ化してしまっているカップルはこの言葉を使うこと解消されるかもしれません。

「男性はAVと現実の違いをしっかりと受け止めていますか?」Hで相手に求めてはいけないNG行為をご紹介!

2017年11月17日 明日香 0 423 view

男性は、普段のセックスにAVのような行為を求めることがあります。 女性は、「男ってどんだけAV見てんの…。」「幻想と現実が理解できていない男性多すぎ…。」などと、AVのようなハイプレイの求められることに呆れています。 そこで、今回は、「AVと現実のHの違いや相手に求めてはいけないNG行為」をご紹介します♪ 体位変えまくるのはご法度! よくAVを見ていると、「正常位して、バックして、側位してから騎乗位、そこから背面騎乗位をして、立ちバックでフィニッシュ」といった流れでセックスしていますよね。 AVでは、ころころ体位を変えるものです! ただ、彼女とするプライベートなセックスで体位を変えまくるのはご法度です。 これは、もはや”スポーツ”。 せっかく気持ちいセックスも、終わった後ゼエゼエしてしまいます…。 「正常位が終わったら、次は騎乗位で…」など体位を段取りを考える男性は、かなりAV男優思考になってしまっています。 もし、いろいろな体位をしてみたい場合は、「この体位やってみたいな…。」など、好奇心で誘ってみたり、試してみたりしましょう! 一番良いセックスは、のんびりゆっくり濃密にHを堪能することです♪ そんな簡単にイキません! 女性は、男性と比べてイクことが難しいということをご存知でしたか? 街頭インタビューをすれば、「イッたことがない」と回答する女性は、ザラにいるでしょう。 そもそも、「女性は、イカないとセックスが満足できていない」と勘違いしている男性が多くいます 女性にとって”イクこと”だけが、フィニッシュの形ではないんです! AVは、「エッチを見せる作品」です。 作品を作るうえで、”エロパフォーマンス”が含まれていることもあります。 つまり”連続イキ”のような作品を現実でしようとしてはいけません。 ”イク”ことに焦点をあてたHをするのではなく、愛のあるセックスをしましょう♪ 潮吹きなんて吹かないよ? 男性が好きなAV作品の中で、上位に入るものに「潮吹き系」の作品があります。 日ごろからAVを見ている男性にとって、”潮吹きはセックスにおいて自然なもの”と勘違いしていることがあります。 結論からいうと、”潮吹き”はそんな簡単なものではありません。 ただただ女性器をいじっても潮は吹きませんし、そもそも体質的に潮を吹かない女性もいます。 逆にガシガシするあまり相手の女性が痛がってしまったり、疲れてしまったり…。 男性はHをする前に、AVのようなHがしたいのか、それとも気持ちい愛のあるHがしたいのかを、しっかり考える必要がありますよ♪ 激しいフェラなんて正直しない。 AVでのフェラと言えば、ジュボジュボ大きな音をたててするのが定番ですよね。 これは、実際に相手と触れ合うことができない「動画」という形で、見ている相手をどのように興奮させるか。と考えた末、生まれたプロの技です。 つまり、一般の女性のフェラは、ジュボジュボなりません。 そもそもうまいフェラなんてできないのが普通なんです。 それにも関わらず、激しいフェラを要求する男性は、NGな男性です! 彼女とのHを通して、自分の気持ちいところ、気持ちい舐め方を伝えつつ、上手なフェラができるようになります。 少なくとも、まだHがたくさんできていない女性に、激しいフェラを要求するのはやめましょう! 大きな喘ぎ声は疲れます。 AVを見ていて、「女優さんの喘ぎ声が大きい」と感じたことはありませんか? これは、どんな人にでもわかりやすく興奮してもらうための工夫です。 AVでは、普通より大きな声を出すことや気持ち良さを普通以上に表現することが重要なんです。 普段のHで相手を興奮させることは重要ですが、それが一番大事なことではないですよね。 大きな声を出しながらHをするのは結構大変なんです! 男性は、相手が一番気持ち良く感じる喘ぎ声(気持ちいあまりポロッと声が出る)を出させるように、頑張りましょう!

「イク感覚」ってみんな違うの!?セックスでイったことのない女性必見の”イク感覚”とは…?

2017年11月9日 沙也加 0 1,471 view

イクときの感覚って?? 「イクときの感覚」ってみんなおなじなのかな? こんな疑問を持ったことはありませんか? 女友達同士ではなかなか話すことができないこのテーマ! 今回は、女性が「イクときの感覚」について4つご紹介します。 ジェットコースターで急降下する感覚 なんとジェットコースターから落ちる感覚という意見がありました! いわゆる内臓が浮き上がる感覚です。 ジェットコースターという点からも「イク」感覚は「恐い」という感覚に似ているのかもしれません。 男性の皆さん!女性がイキそうな時は強く抱きしめてあげるなどして恐怖心を快感に変えてあげましょう! アソコが燃える感覚 イク瞬間は燃えるように熱くなるそうです。 互いに愛をぶつけあっているので心もアソコも熱くなる気持ちはよくわかります。 ただ、SEX初心者にはあまり感じない感覚だそうです。 一人エッチなどで体を慣らすことでアソコが燃えるような感覚になるほど気持ちのいいSEXができるかもしれませんよ? おもらししそうな感覚 「イクときにおもらししそう」「たまにおもらししてしまう」などなど、この感覚を感じる人はかなり多いようです。 たしかに、我慢した後におしっこをすると気持ちいですよね。 また、男性は女性がおもらししそうな感覚に達しているとより攻めたくなってしまう傾向にあります。 おもらしをしてもいい環境なのであれば、いっそもらしてしまった方がいいかもしれませんよ? アソコに雷が落ちる感覚 これもまた恐い感覚ですね。 イッた後、体中に電流が走る感覚があるという意見もあります。 この感覚がある人はおそらく感じやすい女性なのではないでしょうか? ぶつけあったためにピリピリしている可能性もあります。 男性のみなさん! どんどんハードになっていく気持ちはわかりますが、優しくSEXすることを心がけましょう! いかがでしたか…? イク感覚は人それぞれでこんなにも感覚が違うものなんですね! 女子会などで話してみるのも楽しいかもしれませんよ?

女性のちょっとした工夫が男性を興奮させる!セックスライフを充実させる女性のエロテクをご紹介♪

2017年10月22日 明日香 0 996 view

素直に興奮すればするほど、セックスは気持ち良くなり、そのうえ愛も深まります。 興奮しなくて気持ちよくないセックスは、ただ時間を無駄にしているだけ。 充実した恋愛をするためには、気持ちいセックスが必要不可欠なんです! そこで今回は、より充実したセックスライフを送るために必要な女性のちょっとしたエロテクをご紹介します! 自分でおっぱいを鷲掴み 「自分でおっぱいを鷲掴みしている姿ってすごい興奮する(23歳/アパレル店員)」 「エッチな気分になってるのかなって思うと頑張っちゃう(19歳/学生)」 男性は、おっぱいを触ったり揉んだりするのが好きですが、女性が自分で同じような行為をしている姿を見るのも好きです。 特に騎乗位のときなど、女性の姿が見えやすいですよね。 そんな時に、自分からおっぱいを触るだけで、男性の腰は元気になります。 正常位の時に自分から腰を振る 「正常位で女性が自分から腰を振りだすとエロいな~。って思う(24歳/会社員)」 「もっと激しくしてほしいのかなって思って頑張る(20歳/学生)」 正常位では基本的に男性が腰を振るものですよね。 もちろんそれが基本ですが、女性が腰を振るのもアリなんです! もっと激しくしたい、気持ちいところに当てたいと思った時は積極的に腰をふるようにしましょう。 男性が興奮する上に、女性もより気持ちいセックスを堪能できます。 ただ、あまりにも腰を振りすぎると、男性が自分のセックスを「気持ちがっていないのでは?」と勘違いしてしまう可能性もあります。 腰の振り過ぎには注意しましょう! セックスしながらキスを要求 「セックス中のキスが一番好き(18歳/学生)」 「相手からキスを求められると愛を感じる(18歳/学生)」 セックス中でなくても、キスを要求されるのはとても嬉しいですよね。 男性も同じです。 特にセックス中は、なおなら嬉しいもの。 愛が深まるうえに、充実したセックスができます。 獣のような喘ぎ声 「甲高い喘ぎ声より、獣ような荒々しい喘ぎ声も嫌いじゃない(25歳/会社員)」 「本気で気持ちがってくれているような気持ちになる(21歳/専門学生)」 セックスでの喘ぎ声って女性それぞれで全然ちがいますよね。 男性は、可愛らしい甲高い喘ぎ声が好きだと思っている女性はいませんか? 意外と荒々しい喘ぎ声に興奮する男性は多くいます。 恥ずかしがらず、たまにはお腹の底から獣のような「うぁ~。」という喘ぎ声を出してみてはいかがですか? 騎乗位の時は荒々しく動く 「騎乗位で女性が積極的に動いてくれると、気持ちい。(18歳/学生)」 「おっぱいが揺れている姿に興奮する(20歳/学生)」 騎乗位での最大のポイントは「女性の体が男性によく見える」ということです。 だからこそ、騎乗位では激しく体を動かすことをおすすめします。 ただ、初めのうちは動き方がうまくいかないのがネックなところ。 セックスを重ねるうちに上手になるものです。 忍耐強くできるだけ激しく動くようにしましょう!