《コラム》女性ホルモンが大事!~女性ホルモンを整える方法4つ~

2016年11月27日 UWASALABO 0 349 view
ラクシー





女性の”美”において重要な役割を果たしている「女性ホルモン」。
「女性ホルモン」を活発化させることで”女性らしい体を
手に入れられたり”・”肌がきれいになる”などたくさんのメリットがあります。
そんな、「女性ホルモン」の働きが悪いとなると、もちろん”美”にたくさんの悪影響を及ぼします。
例えば、”肌トラブル”・”生理不順”・”生理痛の悪化”・”不妊症”などなど。
今回は、そんな大事な「女性ホルモン」を整える方法をご紹介します。

❶『心と体を休める』


ホルモンバランスの乱れの原因として、過労によるストレスが一番に上がります。
逆に言えば、ホルモンバランスを整えるのに最も有効的な方法がしっかりと体や心を休めることだとも言えます。
”夜は11時までに寝る”や”お風呂に使って体を温める”、”ハーブティーなどを飲んで心をリラックスさせる”など。
生活のリズムを少し変えるだけでもホルモンのバランスの乱れは改善されます。
 icon-external-link 腰痛の仕組みと克服法

❷『ダイエットをいったん休む』


ダイエットは体を痩せさせる半面、ホルモンバランスを乱れさせてしまいます。
栄養不足などにより、生理不順などのトラブルを引き起こしやすくしてしまうのです。
”肌荒れ”や”生理痛がいつもより痛い”などの体の異常を感じたらいったんダイエットはお休みしましょう。
規則正しい生活に戻し、体を元気にさせてから、ダイエットを再開することをおすすめします。




❸『大豆中心の食事をとる』


大豆には、「大豆イソフラボン」という成分が豊富に含まれています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの活発化を促す作用を持ちます。
現代では、サプリメントなども多く出回っていますが、一番いいのは「納豆」です。
納豆はご存知の通り大豆です。
また、大豆イソフラボンが多く含まれている上に、「ビオチン」という美肌効果のある成分も含まれています。
納豆を食べれば、「大豆イソフラボン」と「ビオチン」を同時に摂取できるため、最も効率のいい美容食材です。

 icon-external-linklivedoor

❹『軽い運動をする』


体の冷えは、血行不良の原因となり、血行不良はホルモンバランスの乱れにつながります。
そのため、日ごろから軽い運動をしましょう。
軽い運動をすることで、体の体温が上昇し、血液の流れを良くします。
またダイエットをする際は、食にこだわるのではなく、軽い運動を生活に取り入れることをおすすめします。

 http://runningmagazine.ca/6-fat-loss-rules-for-runners/http://runningmagazine.ca/6-fat-loss-rules-for-runners/http://runningmagazine.ca/6-fat-loss-rules-for-runners/http://runningmagazine.ca/6-fat-loss-rules-for-runners/http://runningmagazine.ca/6-fat-loss-rules-for-runners/icon-external-linkRunning

❺『お酒は控える』


お酒の飲みすぎも、ホルモンバランスを乱す原因につながります。
毎日お酒を飲んでから寝ている方は日を開けて飲むことおおすすめします。
また、22時以降のお酒はできるだけ控えるようにしましょう。

いかがでしたか?
女性にとって女性ホルモンはとても大事な成分です。
からだに異常を感じたら女性ホルモンのバランスが乱れているかも?
しっかりとホルモンのバランスを整え、美しく元気になりましょう!




 

(アイキャッチ画像出典:http://pantogar.org/column/femalehormone.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Be the first to comment

Leave a Reply