《コラム》あれ。顔色悪い。~顔色が冴えない4つの原因~

2016年12月2日 亜里沙 0 226 view

朝、鏡を見てみると「あれ。顔色悪い。」なんて思ったことはありませんか?
顔色が悪いとメイクノリも悪かったり。。。
老けて見えてしまったり。。。
不便なことがたくさんありますよね。
今回は、顔色が悪く見えてしまう原因についてご紹介します。

紫外線による影響


お肌が茶色~黒色に見えてしまうクスミは、紫外線によりお肌に蓄積された「メラニン」が原因で引き起こします。
紫外線の刺激によりメラニンが増加します。
外出する際は、日焼け止めや日傘などで徹底的に紫外線を予防することをおすすめします。

出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142984040742638401
出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142984040742638401

スキンケアによる刺激


スキンケアによって起こる摩擦の刺激が原因で「メラニン」が過剰に生成されます。
そのうえ、刺激からお肌を守ろうとする働きによりお肌を厚くしようとする作用が働き、角質もたまりやすくなってしまいます。
洗顔をする際は、たっぷりの泡で包み込むように洗い。
スキンケアをする際は、優しくハンドプレスをするようにしましょう!




冷えによる影響


お肌が、青白く、黒く見えるクスミの原因は「血行不良」にあると言われています。
体の冷えなどにより血流が悪くなることで、顔色のトーンが低下します。
睡眠不足や喫煙、便秘などが血行に影響に与えると言われています。
また、血行不良の改善には、フェイスマッサージが有効的です。
お風呂などのお肌が温まるタイミングで、両手を使い、顔の中心から外側へ、下から上へ向かってたるみやシワを伸ばすようなイメージで優しく撫でてください。

出典:http://googirl.jp/lifestyle/1311hienobose872/
出典:http://googirl.jp/lifestyle/1311hienobose872/

乾燥による影響


顔全体がグレーっぽく見える状態は乾燥が原因の可能性があります。
お肌が乾燥すると水分不足になります。
お肌は水分不足を防止するため、未熟な細胞が過剰に生成しようとします。
結果、角質層が分厚くなり、お肌が硬くなることがクスミの原因となります。
そのため、古い角質を取り除くために定期的なピーリングをおすすめします。

いかがでしたか?
顔色がいいと、元気もでますし、生き生きとして毎日を過ごすことができます。
しっかりとケアを心がけましょう!
(アイキャッチ画像出典:https://www.beauty-co.jp/news/dbn/cosme/DB006968/)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.