「なかなか思いに気づいてくれない。。。」さりげなく”好き”の気持ちを伝える方法4つ!

2017年2月22日 明日香 0 288 view
ラクシー

直接”好き”という気持ちを伝えるのは、なかなか勇気のいることです。
「”好き”とは言わないまでも、思いに気づいてくれたらいいのになー。」
そんなことを考えたことはありませんか?
そこで!
今回は、相手に”好き”という気持ちをオブラートに伝える方法についてご紹介します!

相手に特別意識を持たせる

自分にとってあなたは特別であるということをオブラートに伝える方法として、普段人には話さないようなことを話したり、相談したりするという方法があります。
普通は話せないことを打ち明けられる関係って特別じゃないですか?
家族事情、コンプレックス、場合によっては過去の恋愛などなどふつうは話さないことを探して話してみてください。
「俺って特別?」と思うことが嫌な男性はなかなかいません。

LINEは素早く返信

最近では、「LINEの返信遅らせじらし法」が主流となっています。
あえて返信を遅らせることで、相手の気を引こうとする作戦です。
しかし、単純にLINEの返信が遅いのは嫌じゃないですか?
もし相手があなたを”好き”という気持ちが少しでもあったとしたら逆効果じゃないですか?
返信が早い分にはなにもマイナスポイントはありませんが遅いのはマイナスになる可能性を秘めています。
あなたが好きなら素直に返信は早めに送りましょう。

ちょっとした甘え

「家の近くまで送ってほしいな」
「もう少し話してたいな」
などなどちょっと甘えてみてください。
大胆な甘えだとうざがられる場合もありますが、ちょっとした甘えを男性は可愛いと思ったりするんです。
普段甘えない人は勇気をだして甘えてみるのもいいかもしれませんよ?




好きな人がいると伝える

好きな人がいることを伝えるのは逆効果なんじゃないですか?
と思いますよね。
たしかに好きな人がいると知って逆効果になるパターンもあります。
ですが、しっかりとあなたはわたしにとって”特別”という気持ちを伝えたうえでの「好きな人がいる」は効果的なんです。
もしあなたのことを気になっていたら落ち込む反応をしたり、強がっていたり。
そんな姿を見れたら素直に「○○くんだよ」と言ってあげてください♪

 

いかがでしたか?
ベストな方法は、やっぱり素直に”好き”という思いを伝えることです。
勇気を振り絞って”好き”の気持ちを伝えてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で