冬こそ”パステル”なメイクが今っぽい♡資生堂『PLAYLIST』で作る”冬映えパステルメイク”をご紹介!

2018年1月29日 UWASA編集部 0 582 view

最旬”冬映えパステルメイク” 洋服がダークになりがちな冬は、メイクも深めのカラーを選びがち… しかし、メイクは春に向けてだんだん明るくしたい!と思ったり。 一方で、血色も悪くなりやすいためにお肌もくすみがちなこの季節は、きれい色をつけても浮いた感じになったり、洋服とのバランスが難しいと感じたことはないですか? 決め手は、「リップ」と「フェイスカラー」で体温を感じる、血色とパステルのマッチングなんです♡ ”冬映えパステルメイク”が今っぽい♡ 冬のパステルが難しいと感じる要因は、「モノトーンの洋服」と「血色感の悪さ」です。 この2つを解決すれば、冬の澄んだ青空に映え、洗練されたWINTERメイクが完成します。 そのポイントは、モノトーンの洋服とパステルをつなぐ、内側からほとばしる、口もと・ほおの血色なんです♡ WINTER PASTEL LIP ”魔法のヘルシーヌードリップ”を下地に アーティストテクニックが実際に行うテクニックをご紹介♪ 血行が悪くなりやすいこの時期、リップの発色もいつもと違うように感じませんか? そんなときには、唇の色に血色を与えるカラーをひと塗りしてから、パステルカラーをのせることで、発色が段違いによくなり、明るくヘルシーな唇を演出することができるんです♡ 血色感を演出するのにぴったりな魔法のヘルシーヌードリップは、「PLAYLIST インスタントリップコンプリート グロッシー RDm02」のお色です。 「インスタントリップコンプリート グロッシー」は、独自の厚みのあるオイルで、口紅にボリューム感&凹凸縦じわを補正してくれるので乾燥しがちな冬の季節にも完璧な唇に仕上げてくれます。 WINTER PASTEL FACE COLOR 温かく感じる部分を意識して お次は、チークのアーティストテクニックをご紹介! 血色の悪さが肌色に直結してしまう季節。 肌色にマッチし、かつ、内から湧き出るような血色感をアップできるチークを選ぶのがポイント。 ほお骨にそって、やや内側から外側に広めに塗布。 使用している「スキンエンハンシングフェースカラー RDs04」は、血色がにじみだすような仕上がりが簡単にできるクリームタイプのチーク。 ほんのり赤系チークは、モノトーンの洋服とベストマッチ♬ ”パステル”なメイクを楽しもう♪ 『PLAYLIST』で作る”冬映えパステルメイク”はいかがでしたか? いつものメイクにひと工夫するだけで簡単にできるのでぜひトライしてみてくださいね♪ PLAYLIST

1 2